• ホーム
  • >株式会社 鈴木木工所で扱う木製桶の素材、桐の特徴と魅力

株式会社 鈴木木工所で扱う木製桶の素材、桐の特徴と魅力

木製の桶と一口にいっても、使用される素材は様々です。株式会社 鈴木木工所の木製桶は耐用性に優れた桐を使用しており、お手入れをすれば一生ものと言われる商品です。

桐って一体どんな木?植物としての桐の特徴

桐って一体どんな木?植物としての桐の特徴

桐の木は、一般的に樹木の仲間ではなく草の仲間とされています。

その草はゴマノハグサ科のノウゼンカズラ属に属しており、ストローのように幹の中心部に穴が開いているのが特徴です。その穴から土の中にある水分を吸収するとされています。

また、桐は約15年前後で成木となり、成木以降は少しずつ成長します。目が積まれた美しい桐ができ上がる理由は、このような地道な成長があるおかげと言えるでしょう。

さらに、桐にも実は花が咲きます。春から初夏にかけて、薄紫のブドウのような可愛らしい花が咲きますが、すべての桐に花が咲くわけではありません。植えたばかりのもの、元気よく育っている桐には花は咲きません。

各地で植栽されている桐、木材としての特徴は?

昔から日本では、桐は日用品や家具などの素材として用いられてきました。文化的にも特別な植物として扱われ、豊臣家をはじめ多くの武家・名家が家紋に使用していたとされています。

国産桐材の種類は一般にニホンギリと呼ばれるものが、木質・木目の美しさで最高品と言われ、希少価値の高まっている木材です。また、桐の気乾比重は0.3とされ、国産の有用樹の中でも軽い木材に含まれます。老若男女が扱いやすく、バリアフリー家具材としても注目されています。

桐は多孔質で、湿度を呼吸によって調整していますが、これは日本の高温多湿の気候に合った材質で、湿気に強く水を使う道具(木製のたらい・桶など)としても適しています。優美さだけでなく、実用的な特性があるのも桐の魅力です。

木製手桶や柄杓なら、ぜひ株式会社 鈴木木工所へ

木製手桶や柄杓なら、ぜひ株式会社 鈴木木工所へ

株式会社 鈴木木工所で取り扱っている桶は、素材として桐を使用しています。

木製手桶(大)は内径21cm、深さ18cmとたっぷりお湯がすくえるタイプ。

木製手桶(小)は、内径18cm、深さ15cmと女性でもお子様でも持ちやすいコンパクトタイプです。また、手桶とセットでの購入をおすすめしたい、柄杓にも桐を使用しています。

木製桶の素材として桐が適している理由や、桐の特徴についてご紹介いたしました。桐は日本の風土に適した素材で古くから親しまれてきた木材です。株式会社 鈴木木工所では、魅力たっぷりの桐を使用した木製手桶を販売しております。ぜひ一度お試しください。

木製の桶や衣桁、木魚を販売!株式会社 鈴木木工所

会社名株式会社 鈴木木工所
販売責任者鈴木規夫
住所〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目44−36
資格・免許一級建築士
屋号又はサービス名株式会社 鈴木木工所
電話番号052-241-5456
メールアドレスasakira@sb.starcat.ne.jp
ホームページURLhttp://www.suzukimokkojo.jp/

創業明治34年!年間10,000脚以上の胡床製造販売実績!胡床製造・販売のトップメーカー!株式会社 鈴木木工所!全国の神社・仏閣・結婚式場・神具店・仏具店・博物館、個人様から御用命賜り、誠にありがとうございます。胡床(こしょう)は、床に直接座るよりも、膝に負担が掛からないということで御要望が増えています。 上記の理由から、歌舞伎、舞踊、茶道、花道、剣道、弓道等でのご使用も増加傾向です。 また、武将用の椅子としても使われることが多くなり、人間将棋でも使われています。 更には、ドラマのセットで几帳・八足案等と併せて、使用されることもあります。 お蔭様で、年間10,000脚以上を製造販売しています。 御希望により、胡床のレンタルの相談も承ります。

株式会社 鈴木木工所

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索